home

ジュニア英会話

英語のアクティブラーニング

英語のアクティブラーニングはなぜ効果的なのでしょうか。

その理由は文法のようなルールを覚える教育ではなく、母国語のよう表現を全体を真似て覚える効果的な学習だからなのです。

加速・蓄積・増殖学習

加速蓄積増殖学習とは我々の日本語の学び方の事です。非常に効率の良い、そして成功率の高い学習方法です。良く考えてみると非常に科学的なのです。今のAIも脳の学習方法を取り入れています。

脳は一生成長しますから、言語の学習方法は一生同じです。

ネイティブを真似て、忘れないように覚えて、真似るスキルを向上させ学習を加速させます。ネイティブを真似る学習はフィードバックで修正と矯正を繰り返すので手続き記憶として長期記憶に蓄積されます。つまり忘れないで記憶が蓄積されます。

するとその蓄積された記憶でパターン学習やパターン認識され、更に記憶が増殖される学習です。

なぜ今まで存在しなかったのか

日本語と同じ効果的な学習方法であればなぜそれが今まで存在しなかったのでしょうか。それは第二言語習得理論では子供と大人の第二言語の習得法が違うと考えられていたからです。そして大人の場合は母語の習得と同じような環境作りが難しいからです。

子供の言語習得は周り大人を真似て自分で学ぶ事ができます。簡単な単語レベルからだんだんと難しい表現を覚えていきます。大人は子供のように学ぶ事はできません。ネイティブが近くにいても、大人が子供のように簡単な単語から教えていったらつまらなくて学習を継続できません。もちろん、子供が日本語を覚えたように常に英語を話せる環境にする事も不可能です。

すると大人の場合は自分で真似て学習できる教材が必要です。その教材も音声や和訳や英文が必要です。かなりの量が必要になります。

そして最大の難関は一人で学習するのは大変ですから、同じように学ぶ仲間もある程度の数が必要です。つまり大人が日本語と同じように学ぶのはスマホとかネットワークの存在が不可欠なので

真似て覚える

まず達人となるネイティブを真似て、フィードバックで矯正と修正をして何度も真似ます。子どもの場合は言葉が分からないので、自分での意味を探す必要があります。これは大変な作業であり、時間がかかります。しかし英語の場合は日本語の訳を付けることにより、英語を理解しながら覚える事ができます。覚えてしまうので文法とか単語で組み立てる必要はありません。そして教材の音声はクリックとかタップすれば何度でも聞く事ができます。

しかし、真似る事で学習できますから事前の知識やスキルは何も必要としないです。生まれて間もない赤ん坊でもできる学習方法です。

2回のアクティブリコール

1.音声のリコール

最初にネイティブを真似て発音する事でアクティブリコールにより記憶が強化されます。アクティブリコールとは覚えている事を思いだす行為です。音を真似ようとするることでアクティブラーニングで記憶が強化されます。つまり英語を音で覚える発音の練習です。

音声の和訳:OK、ではあなたが旅行するとき、ガイドブックに沿って旅行をするのが好きですか、それとまったく計画なしで旅するのが好きですか。::

2.英文のリコール

次に音声を真似て覚えたら、次に和訳に相当する英語をリコールします。つまりここでは言いたい事を英語で覚えるための記憶強化です。英文を音読するよりは音を思い出そとする方が記憶が強化されます。

次の英文をリコール:OK、ではあなたが旅行するとき、ガイドブックに沿って旅行をするのが好きですか、それとまったく計画なしで旅するのが好きですか。

英文表示
OK, next. When you travel do you like to follow a guide book or do you like to explore and just do things without any planning.  

全てを同時に学ぶ

実際にはネイティブの音をまねているだけですが。実は音を覚えているだけはありません。

このネイティブを真似る学習は連続的に変化する音のストリームを覚える事で発音も、表現も、文法も、単語も、表現の使い方も学んでいます。そして音を覚えるのでリスニングもできます。

全てが同時に学習できる非常に効果的な学習方法なのです。

学習を加速する

ネイティブを真似る学習は何度も繰り返します。するとその表現を真似て上手になりますが、実は真似るスキルが上達します。どのように真似るとか、どのような頻度で学ぶのが良いかが分かってきます。フィードバックで修正するために常に最適化できる学習方法を模索しています。

真似して学習するスキルはどんどん加速していきます。かなり覚えると1回聞いただけで覚えられる表現も増えてきます。日本語ではほとんど学習せずに新しい単語や表現を覚える事ができるのは真似して覚えるスキルが優れているからです。

記憶を蓄積する

ネイティブを真似て、フィードバックで矯正と修正をする方法がディープラーニングと呼ばれています。この学習は手続き記憶として自動化され長期記憶に保存されます。海馬では重要な情報を長期記憶に記憶しますから、何度も真似てフィードバックで矯正する事で長期記憶の記憶が促進され、長期記憶は忘れませんから記憶はどんどん蓄積されます。長期記憶に保存されると言う事はどんどん蓄積されると言う事です。算数的には加算されるだけでその和は継続的に増え続けます。

 

記憶を増殖する

蓄積された記憶は脳のパターン学習やパターン認識を促進します。すると多くのデータがあれば似たようなデータはどんどん増えます。わたしのSakuraiは外国人には覚え難い名前です。しかし、映画のLast Samuraiを知っている人なら私の名前は一度で覚えてくれます。真似したり反復練習したりする必要がないのです。類似の表現や単語が増え、脳の記憶は記憶が次の記憶を呼び増殖します。ネイティブを真似る学習は、学習が加速され、蓄積され、そしその記憶の助けを借りて記憶を増殖します。

 

使いながら英語力を保持

我々の日本語は特別な勉強をしおりません。しかし実は常に新しい表現や正しい事はその都度追加されたり、更新されたりしています。つまり真似て覚えた表現や単語が多いので膨大な記憶があるため、新しい表現や単語でも、ほとんどがどれかに似た音になっています。すると英語も日本語を話すと同じように、英語を話す事が英語力の維持や向上に役立ちます。もちろん英語の映画や動画やドラマやTED等が教材として使ができます。英語で楽しみながら、英語の勉強が可能となります。

短期間で発音が良くなる

ネイティブを真似るディープラーニングなら短期間で発音が改善できます。ネイティブの音声を真似てフィードバックで矯正して少しずつ真似ます。どんどん上達が実感できます。

豊富な音声付の教材

登録済み
6 レッスン

発音練習(6冊)

音のストリームの発音練習のための300の英文と音声があります。

もっと教材を見る

登録済み
60 レッスン

対話練習(60冊)

60冊の対話集形式で約3,000英文の表現をネイティブの音声を真似てディープラーニングします。

もっと教材を見る

登録済み
60 レッスン

表現練習(60冊)

目的別になった60冊の表現集に、個別の3,000の英語表現があります。 ネイティブの音声を真似てディープラーニングをしていただきます。

もっと教材を見る


教材の構成の説明

英会話学習8つの改革

1.英語も日本語と同じ方法で学ぶ

英語は文法を基本して学びました。脳は一生成長する器官です。すると脳の学習の仕組みは大人も子供も、臨界期の前も後も、日本語も同じです。第二言語の習得は母語と違うと第二言語習得理論は間違いです。英語も日本語を同じように学ぶと脳を生かす英語学習ができます。

2.文法でなく、真似て覚える

英語は文法を学んで単語で英作文するのではなく、ネイティブが使う表現を真似て覚えます。文法で英文を作ると不自然な英語になってしまいます。文法を学ぶ必要はありません。 日本語も文法を学ぶ前に正しく話す事ができました。

3.発音記号ではなく、連続的に変化させる

言語音には音素(発音記号)が規則正しくならんでいるのではなく、音が連続的に変化している音のストリームです。日本語も周りの大人を真似て発音を覚えました。英語の単語を発音記号通りに発音すれば結果的には不自然な発音になります。音のストリームであれば上手な人を真似る必要があります。

4.発音、表現、リスニング、文法を同時に学ぶ

英語を学ぶ時には文字を読む音読するのではなく、ネイティブの音声を真似る練習をします。言語の音声は音のストリームですから、音声を記号にできません。文字を読むと不自然な英語になります。日本語を学んだ時は文字を使っていません。音で覚える事が大事です。 アクティブラーニングでは音で覚えます。そのためにはリスニングの練習は必要ありません。ネイティブを真似てネイティブの音声を覚えるのですから、記憶に残っています。その残っている記憶と照合するのが聞き取りです。記憶にある音と照合するのですから、速すぎて聞き取れない事はありません。

5.正解を得るのではなく、最適解を得る

英語を文法に従った英語を作文していました。英語でも日本語でも多くの表現があります。英語を話すなら、多くの表現の中から最適な表現を得る事が大事になります。そのためには正しい解答ではく、最初から多くの表現を覚える事が大事です。

6.教えてもらうのではなく、自分で学ぶ

日本語は教えてもらうのではなく、自分で学びました。アクティブラーニングは先生やコーチが教育するのではなく、自分で学習します。ネイティブを真似るのですから、先生や講師に教えてもらう必要はありません。

7.学校ではなく、コミュニティで学ぶ

ジュニア英会話では学校で一同に学ぶのではなく、コミュニティで学び合をします。教えてもらう先生や講師は必要ありません。自分だけで学ぶ事は可能ですが、学ぶ仲間がいると励まし合う事ができます。

8.本ではなく、ネットの教材

ジュニア英会話では本の教材ではなく、ネットにある教材を使います。スマホやPCがあれればいつでも使えます。そして英語や日本語だけでなく音声もタップ(クリック)一つで使う事ができます。

Start getting more

Call an advisor – (999) 123-4567

Subscribe to Newsletter

I am text block. Click edit button to change this text. Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur

学習の特徴

教材と学習環境

申込と問合せ

運営者情報